おもちゃであそぼ

メモ的な雑記

温かいタイヤは七難を隠す

f:id:nyalnyal:20210405113333j:plain

去った土曜日、練習会に参加しました。

C2昇格ギリくらいのタイムを連発してましたが、頂戴したアドバイスをベースに乗り方を変え、オーバースピード気味での突っ込みを心掛け、フロントサスの伸び側を少し締めるセットアップに変更したら、109%、116%(ミス)、107%とびっくりするほどジャンプアップしました。コースミスを疑うくらいでしたがある程度走り込んだ後だし、思い返しても特別に思い当たる節はなし。確かに、すっごいイケる感じがして、身体もいい感じに脱力して直スラは今日一番の出来でバチっと完璧な感じで決まったし、回転も体感ではいつもより速く回れ、開ける区間ではリアがズリズリになるくらい開けてたからタイムが改善するのは当たり前だとは思うけどもさすがに伸びすぎである。タイヤも前のセッションより発熱してたのも影響していると思う。逆にみれば普段どれだけリミッターかけて走ってるんだ…

 

最終セッションではさっきのが本当のタイムなのか確認すべく、せめて110%切りを何本か揃えたくて頑張ったけども日が傾き、曇ったことで気温と路面温度が一気に下がり、自分のリズムを崩したこともあって115%切れないレベルのタイムで終了。いける気がする!ってフィーリングを失ったことと、タイヤの温度が上がらない→滑る→ペースを失う→タイヤの温度が上がらないの負のループから抜け出せなかったこと。バイクが倒れる、曲がるを待つような受け身の乗り方になってことが原因じゃないかと思う。

 

f:id:nyalnyal:20210405124126j:plain

リアタイヤはサイドの溝が消えたあたりからグリップ感がどんどん薄れていったのでここいらが寿命かな。それにしてもQ4はフロントよりリアの方が早く死んでしまうなぁ。

α13spフロント+Q4リアの組み合わせがジムカーナ界隈では好評だけども調達コストがねぇ…。なるべく前後セットで安く入手したい。

 

とはいえ、次のアップデートで4.5Jホイールが入るので180/55はしばらく履く機会はないんだよなぁ

4.5J

メモ:ローター側25Nm(塗布指定有)、ドリブンスプロケ59Nm(なし)

f:id:nyalnyal:20210404210238j:plain

ちょもりんさんのところですでに知っている人も多いと思うけど

MT07のリアホイールを5.5Jから4.5Jにすることが出来るようになりました。前回、TRX850の5Jホイールを流用しようとしたらあまりのハブ幅の違いに断念するなどを筆頭に数々の苦い経験を経てようやく実現しました。

やったぜ!大勝利!

ER/Ninjaホイールは安いので1万ちょいくらいで中古が手に入る。コンバートキット込みでも3万以下(スプロケ/ローター別途)でコンバート用のホイールが手に入るのは大きな強み。

 

とうしてこんなことをしてるのかというと、MT07はリアが09と共通となっていて標準で180/55を履いているのですが、ジムカーナをやる上では太すぎるので細くするメリットがあるんです。ちなみに同じ車格のNinja650やZ650、SV650は160/60です。細くするとタイヤのセンターからエッジまでの距離が短くなって切り返しが素早くなります。サーキットでの走行と違い、ジムカーナはめちゃくちゃな回数を間髪入れず切り返すので(例:鈴鹿サーキットはコーナー数は18、JAGE杯などはコースにもよるけど少なくとも40前後くらいは”コーナー”がある)メリットが大きい。

ダウンサイズの副産物としてほんのりタイヤが安くなるので2年ほどバチバチに練習したら余裕でコンバート費用を回収できますw

 

chomorin.blog.jp

 

ただ、些事ではあるがブレーキローターの選択肢が少なく、ゼファー400用一択になってしまう関係から、XSRには似合うけどMT07には似合わない。昭和を感じるデザイン×2010年代デザインの混合は流石に違和感がある。ローターサイズが420ミリなら安くて選択肢いっぱいあるんで予算の目途がついたら420対応のキャリサポをワンオフか流用でやっつけたい。色々夢が広がりますね。

 

ホイール流用前に丁寧に下処理をします。

ブレーキロータ側は緩み止めでガチガチに噛めてあるのでヒートガンで炙って柔らかくしてボルトを外し、ネジ山を掃除します。

f:id:nyalnyal:20210404213329j:plain

新品ネジもたっぷり緩み止め剤が塗られているので落とします。

取り付け時には新しい緩み止めを塗ってSM指定の25Nmで締めます。 

 

スプロケ側は緩み止め塗布指定がないのでそのまま組みます。

f:id:nyalnyal:20210404231705j:plain

f:id:nyalnyal:20210404231813j:plain

スペーサーは試作段階のロットなので傷多数、けど機能に問題はない。

f:id:nyalnyal:20210404231941j:plain

サンスタの純正互換スプロケ RK110 -45t(520チェーン用)

MT07の駆動系は既に520にコンバート済みなので07の使用に合わせて45tを選びました。

f:id:nyalnyal:20210404232043j:plain

ナットに付属している緩み止めがちゃんと掛かるかまず確認

しっかり緩み止めが効いてますね。。。。

ここの締め付けは59Nmです。

 

あとは後日

グラムスターのミラーシールド

ショーエイのグラムスター、待てど暮らせど純正のミラーシールドが出ない。

最近になってスモークは出たがミラーは音沙汰なし。なーんで出さないんだろとか思ってたら…

 

名古屋の友人から「しゃぼん玉がショップオリジナルでミラー出すよ!」って情報をもらい、即決で代理予約&購入をお願いしました。それが1~2か月くらい前の話。

価格は11K+送料なのでちょっとお高いが、これからの季節を考えると必要な出費だと思う。どうやらミラーシールドを待ち望む声は多々あるのにショーエイが出す気がないっぽくてしゃぼん玉がショップオリジナルという形で販売することになったっぽい。

 

↓しゃぼん玉のリンク

shabondama.co.jp

 

昨晩届いて深夜のノリでさくっと取り付けました(画像は後日)。しかし、ミラーシールドの説明書通りにやるとうまく調整が決まらない。グラムスターのシールドはボルトオンでシールドと気密ゴムの当たり具合の微調整が必要なのだけども、どうにもこうにもイマイチな感じとなってしまう。ツメがパチッとかからなかったり、開閉がスムーズじゃないand/or擦るみたいな具合だ。こんなもんと言われればこんなもんか?みたいなとこまで追いこんでみたもののコレジャナイ感が拭えず、そうだと!メーカー公式動画を参照してみると説明書とはネジを締める順番が異なっていた。公式動画のやり方で試すと… 一発でだいたい決まり、ちょびっとだけ修正で満足いくものとなった。もし、ミラーシールドを買う人がいたら下記の動画に従って取付するのをおすすめします。

 

↓公式動画

www.youtube.com

 

 

RAMマウント

クアッドロックを導入したのが先日の話。

もちっとスマホの位置を良くしたいなと思って新しいマウントを買いました。

 

購入リスト

RAM MOUNTS: RAM-B-367U ベース部 M8ボルトベース

RAM MOUNTS: RAM-B-201U-A ショートアーム

QUAD LOCK: MOTORCYCLE 1" BALL ADAPTOR

 

f:id:nyalnyal:20210325125033j:plain

これにクアッドロックの1”ボールマウントを組み合わせて…(画像なし)

ネジ箱から適当に見繕った適当なM6ボルト+スペーサーを加えたのがこちら

 

f:id:nyalnyal:20210325125051j:plain

ベースはM8ボルトなのでM6を差し込んでもガタが出ないようにスペーサーやワッシャを入れています。

 

取り付け箇所はこちら

f:id:nyalnyal:20210325125140j:plain

f:id:nyalnyal:20210325125118j:plain

メーターを固定するボルトと入れ替えです。

これならすぐに脱着可能なのでジムカーナする時はミラー外すついでにポンといけます。

 

f:id:nyalnyal:20210325125211j:plain

配置はこんな感じ。キーの抜き差しがちょっと面倒になるかな。球体関節の固定力は思いのほかがっちりしてて首都高走ってもズレなどの問題は出ませんでした。

ETCアンテナはちゃんと動作するけど別の場所に移したいな。アンテナとインジケータは別体のものにしておけばよかった。

 

後から気付いたけど、この位置だと風圧をモロに食らうので東名とかでぶっ飛ばしても大丈夫なんだろうか…

あいぽん7を修理してナビ用にした回

 バイクのハンドル回りに余計なものを付けたくなくてナビはずっと音声オンリーだったけども関東地方に引っ越してきてついに挫折した。高速の複雑なジャンクション+土地勘のなさのダブルパンチはあまりに痛烈だった。~方面とあっても~がそもそもどこにあるのかさっぱり分からないからどうしようもない。

 ナビを導入するにあたり、画面の割れたiPhone7を再生することにしました。

画面修理には↓を買いました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B086MCLRT2/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

必要な工具類は一通り入ってるけどもゴム手袋とピンセット、接着剤を緩めるヒートガン(またはドライヤー)、養生用のテープは別に用意しておいた方がいい。作業時間はアルコール入った状態でのんびりやって2hほど。

途中の画像はないので説明書にはない注意点をいくつか。

1)画面が割れてると付属の吸盤は無意味なので養生テープを張り付けてから剥がす

2)コネクタはポコッという感触を伴って外れるし、はめ込むときはカチッとした感触がある(組み立て時は接続不良に気を付けて

3)以外とネジが多いのでどこのネジなのかちゃんと記録する(重要)

4)防水シールの貼り付け用に爪楊枝とかあると楽ができる

適当やってたら3で詰まって大変だった。修理キットにネジの場所を図示したシートが付属しているのでそれを活用した方がいい。0.xミリの差なんて見てもマジで分からんからごちゃまぜになると無駄な時間をロスしてまう。

f:id:nyalnyal:20210322171113j:plain

iPhoneの固定にはクアッドロックを買った。

https://www.yodobashi.com/product/100000001005721127/?gad1=&gad2=g&gad3=&gad4=452649032579&gad5=4178144158613916942&gad6=&gclid=CjwKCAjwgOGCBhAlEiwA7FUXkuO5mUc4uHzkgzZxo6frTsWmoi-j7kw56FjXxvugklXo3Vi0Se_JeRoC0XQQAvD_BwE&xfr=pla

iPhone7用のクアッドロック対応ケース

https://www.yodobashi.com/product/100000001004279455/

 

f:id:nyalnyal:20210322170815j:plain

f:id:nyalnyal:20210322170835j:plain

青のレバーをスラスト方向に動かさないと固定/解除が出来ない仕組みになっています。シンプルでかつ樹脂で軽いのだけど各部の剛性は十分にあり、しっかりした操作感で信頼できます。現物を見ずに買ったので「ちょっと高いな~」と思ってたけどもこの出来なら満足です。

 

ただこいつも欠点があって、今のハンドルバーの仕様だとライダーの方をちゃんと向かない。

www.quadlockjapan.com

↑のナックルアダプターを入れたら多少はマシになるかもしれない。

もう一つの欠点は固定方法。クランプのメスネジが非貫通タイプなせいか固定に使う付属のM4ボルトがやたら短い。取り付ける時はギューーっと押し付けないと固定が難しいくらいだ。そんな感じなのにジムカーナする時は外さないといけないからバークランプ部のネジが繰り返し脱着するとネジ山がぶっ飛びそうな雰囲気がある。ツーリングメインで付けっぱなしの人はまず問題ないと思うけどサーキットやジムカーナ前提で脱着が前提の人はその辺もちょっと考えた方がいいと思った。

 

買ってから気付いたけどRam mounts +ショーとアーム+1”ボールの仕様の方が良かったかも...?固定力の信頼性は下がってしまうが脱着が楽

 

↑の動画のマウントに↓のマウントを取り付けるパターンだ

www.quadlockjapan.com

 

ナビ用スマホがセンターかつメーターの上に来るのは魅力があるので余裕出来たら買ってみるかなぁ。(新規modの特注部品発注でn諭吉が音もなく蒸発したので今月つらつら)

 

闇色に染まる

f:id:nyalnyal:20210311181007j:plain

 先日の練習会で頂いたアドバイスと反省からハンドルバーを交換 

とりあえず去年使ってたPOSHのスーパーアップバーに戻しました

ノーカットの745ミリで使うとノーマル長のケーブルとホースはほぼほぼ限界

 

 

 

 

 

 

練習会

先週末に久しぶりの練習会に参加してきました。コースを走るのは3か月ぶりくらい。

キャンセル待ちでめちゃくちゃ運よく滑り込みできました!

唯一、不運だったのはこれが前日に決まったのでハンドル回りの仕様変更が間に合わなかったこと。ジムカーナを考えてないセットアップで純正より低いハンドルを入れてたんですよ…。

兎にも角にもとりあえず与えられた条件でベストを尽くすしかありません。

 

 前日まで雨+朝は濃い霧がかかっていたので道中はほぼウェットでコースは開始直後の路面はセミウェット→ドライといった感じ

f:id:nyalnyal:20210311181731j:plain

f:id:nyalnyal:20210311182048j:plain

 

ヨシッ

f:id:nyalnyal:20210311182120j:plain

 

 昨シーズンはほとんど練習できなかったので今年は月1は練習会でぐるぐるするのが目標です。低いハンドルのポジションに四苦八苦していたら、ハナさんから「もっと姿勢を立てて乗ろう!リアサスが入っていってないからリアタイヤで曲がってない!」とアドバイスを頂きました。驚きの観察力。よく見ているな~。

ただ…もう…これで…限界なんです…。 

 とりあえず、現状の手札でやれることをやろうとリアのプリを大きく抜いてリアを下げたり、減衰弄ったりとあれこれ試し、113%くらいのタイムが出た。えーいやーで突っ込まないといけないとこで突っ込めなかったり、リアブレーキ踏み過ぎによる不必要な失速など人間側に多々問題があったので反省中。「減速しない走り」が出来ておらず、安全側に振った走りに終始していていまいち攻め込めてなかった…。

 収穫があったのはサスのセットアップが年末の頃より改善したこととECU書き換えの成果でミスに対する姿勢の乱れがかなり減ったこと。ミスってもタイムが落ちにくい(ミスんなよって話だけど)仕様になったのもあって手応えは上々(ということはマジで人間側に問題があることが露呈)

 そのあと、トモが煮詰めてるNSRを借りて走って勉強したり、ヒントをもらって4月の練習会までにやるべきことも確認できた。とても有意義な一日になりました。

 

 

べるぞうさんフリー走行時に撮ってもらった画像

f:id:nyalnyal:20210311181948j:plain

f:id:nyalnyal:20210311181822j:plain

ハナさんの言う通り、リアタイヤを使って曲げてなくてフロントを頼りになってる感が伝わってくる。

 

 

 

 

今回はここまで